車検証の住所変更のしかた

目次

  1. おおまかな流れ
  2. (1)の場合
  3. (2)の場合
  4. (3)の場合
  5. (4)の場合
  6. 手続き当日の流れ

1. おおまかな流れ

住所変更?

自動車税の通知書等は、車検証を作成する際に登録した住所に送られてきます。引っ越した場合は、書類が 今住んでいる所に送られてくるように、住所の変更登録はやっておきましょう。

 

あなたが向かう場所

新たに自動車を使用する住所を管轄している運輸支局に行ってください。

詳しくは「運輸支局」のページをご覧ください。

行く日

年末年始を除く平日に行ってください。

定休日:  土、日、祝、12月29日~1月3日
業務時間: 午前9:00~12:00、午後1:00~4:00
受付時間: 午前8:45~11:45、午後1:00~4:00

持っていくものの確認

ナンバーの変更を伴う場合は、運輸支局に自動車を持ち込む必要があります。
(例:横浜ナンバーから川崎ナンバーに変わるなど)

費用の確認

詳しくは「車検証の住所変更にかかる費用」のページをご覧ください。

<1点目>用意しておく書類

書類の揃え方は、次の(1)~(4)の4通りがあります。

  • 車屋さんなどのお店に依頼を行う場合で、
    • 車検証の所有者と使用者が同一名義の場合→(1)
    • 車検証の所有者と使用者が異なる名義の場合で
      • 使用者の住所を変更する場合→(2)
      • 所有者の住所を変更する場合→(1)
  • 自分で住所変更を行う場合で、
    • 車検証の所有者と使用者が同一名義の場合→(3)
    • 車検証の所有者と使用者が異なる名義の場合で
      • 使用者の住所を変更する場合→(4)
      • 所有者の住所を変更する場合→(3)

2. (1)の場合

  1. 住民票[※1]*発行日から3ヵ月以内のもの
  2. 委任状*所有者の認印の押印があるもの
  3. 車検証
  4. 車庫証明書*発行日から1ヵ月以内のもの

車検証記載の使用者の氏名を併せて変更する場合

追加で必要な書類はありません。

3. (2)の場合

  1. 住民票(使用者のもの)*発行日から3ヵ月以内のもの
  2. 委任状(使用者のもの)*使用者の認印の押印があるもの
  3. 委任状(所有者のもの)*所有者の認印の押印があるもの
  4. 車検証
  5. 車庫証明書(使用者のもの)*発行日から1ヵ月以内のもの

車検証記載の使用者の氏名を併せて変更する場合

次の1つの書類が必要です。

  1. 戸籍謄本*発行日から3ヵ月以内のもの

4. (3)の場合

手続き当日に、次の4つを持参してください。

  1. 住民票[※1]*発行日から3ヵ月以内のもの
  2. 委任状*所有者の認印の押印があるもの
  3. 車検証
  4. 車庫証明書*発行日から概ね1ヵ月以内のもの

 

2. 委任状

所有者本人が申請する場合は省略できます。但し、認印の持参が必要です。

車検証記載の使用者の氏名を併せて変更する場合

追加で必要な書類はありません。

5. (4)の場合

手続き当日に、次の5つを持参してください。

  1. 住民票(使用者のもの)*発行日から3ヵ月以内のもの
  2. 委任状(使用者のもの)*使用者の認印の押印があるもの
  3. 委任状(所有者のもの)*所有者の認印の押印があるもの
  4. 車検証
  5. 車庫証明書(使用者のもの)*発行日から概ね1ヵ月以内のもの

 

2、3の委任状

使用者、または所有者本人が申請する場合は、その方の委任状を省略できます。但し、認印の持参が必要です。

車検証記載の使用者の氏名を併せて変更する場合

次の1つの書類が必要です。

  1. 戸籍謄本*発行日から3ヵ月以内のもの

6. 手続き当日の流れ

代書屋さんに頼んでいる場合は、この手続きは省けます。

 

<2点目>追加で書類を用意してください。

運輸支局の窓口で、購入、または配布を受けてください。

  1. 手数料納付書
  2. 自動車税・自動車取得税申告書
  3. 申請書
記入のしかた

運輸支局内の見本を参考にして書いてください。

<3点目>窓口に提出してください。

運輸支局の窓口では、書類一式と引き換えに、手数料納付書に はんこ を押してもらえます。

ナンバーを変更する場合は、車体の前後2枚のナンバープレートも渡してください。
ナンバーの外し方と、道具は窓口で借りてください。

しばらく待っていてください。窓口から名前を呼ばれたら、新しい車検証を取りに行ってください。新しい車検証に記載ミス等がないか、確認しておきましょう。

<4点目>税事務所へ変更内容の申告

運輸支局の窓口に、自動車税・自動車取得税申告書と、車検証を提出してください。

<5点目>ナンバーを変更する場合

運輸支局の窓口で、新しいナンバープレートを購入します。
道具を借りて、さっそく 自動車にナンバーを取り付けましょう。

運輸支局の執行官が、車検証と自動車が同一のものと確認すると、リア・ナンバープレートに封印を取り付けてくれます。


関連リンク


脚注

※1. 住民票

車検証に記載されている住所から、現在の住所までのつながりが分かる住民票を用意してください。

複数回、転入した場合は、そのつながりの確認ができる複数枚の住民票(除票)、または 戸籍謄本の附票(住所の変更履歴が記載されたもの)を追加で用意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です