戸籍謄本

戸籍上の変更があったことを証明するのに使える書類です。

記載されている情報の例
  • 一世代、もしくは二世代の、氏名、生年月日、死亡年月日
  • 婚姻・離婚歴、続柄(血縁関係)
必要になる場面

車検証は、記載内容に変更があった合は、内容を最新のものにする必要があります。

  • 車検証に記載されている氏名の変更(婚姻や離婚)
  • 自動車の所有者が亡くなった場合の相続(名義変更)
  • 廃車手続き

 

入手のしかた
  • 本人の戸籍がある本籍地の役所窓口に、本人が取りに行く
  • 本人の戸籍がある本籍地の役所窓口に、代理人が取りに行く(委任状が必要)
  • 本人の戸籍がある本籍地の役所窓口に、郵送で取り寄せる

 

注意事項

  • 有効期間は、発行日から3ヵ月です。
  • 戸籍上の変更が記載されている必要があります。(変更前のものでは証明できません)
  • 相続の際は、戸籍謄本(除籍謄本)に相続人全員の関係が記載されている必要があります。
    相続の場合は、個々の状況により複雑なケースがあります。
    事前に、管轄の運輸支局にお問い合わせください。

 


関連リンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です