譲渡証明書

いつ、誰に 自動車が譲渡されたかを証明する書面です。

必要になる場面
  • 売買や譲渡で自動車の所有者が変わったとき
入手のしかた
  • インターネットからダウンロードして、印刷してください。

譲渡証明書は、定められた様式を使う必要があります。

詳しくは「譲渡証明書」(※外部サイト。PDF)のページをご覧ください。
該当のページについて、詳しくは「ホーム>政策・仕事>自動車>登録手続き」(※外部サイト)のページをご覧ください。
使用できない紙

保存上の問題から、感熱紙に印刷されたものは使用できません。


 

記入のしかた
詳しくは「譲渡証明書(記載例)」(※外部サイト。PDF)のページをご覧ください。
該当のページについて、詳しくは「ホーム>政策・仕事>自動車>登録手続き」(※外部サイト)のページをご覧ください。

 

名義変更の場合

旧所有者の「譲渡人印」欄と、印鑑証明書の押印

同一の実印が押印されていることが必要です。

 

  • 記入は、黒いボールペン等をお使いください。
  • 誤字は、旧所有者の捨印を使った訂正しか認められていません。
  • 新・旧所有者同士の証明書になりますので、新・旧使用者の方の記入は必要ありません。

車検証に記載された旧所有者の住所が、現住所と異なる(印鑑証明書の住所と異なる)場合

次の2つのことが必要になります。

  • 譲渡証明書には現住所を記入してください。
  • 旧所有者の住民票(現住所までの流れがわかるもの)を持参してください。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です