ユーザー車検|検査の流れ

検査の項目

地域によって若干異なる場合があります。ユーザー車検を受ける前に予め、受検予定の運輸支局に確認してください。

  • 同一性の確認
  • 外廻り検査
  • サイドスリップ検査
  • ブレーキ検査
  • スピードメータ検査
  • ヘッドライト検査
  • 排気ガス検査
  • 下廻り検査

 

(1)検査コースに入る前に

タイヤのホイールキャップ、または センターキャップを取り外してください。

(2)同一性の確認

車検証や申請書類の記載内容と、車両が同一であるかを確認します。

自動車のボンネットを開けて、車検証を含む書類を 検査官と呼ばれる職員に提出してください。

下記の2箇所

  • 車両
  • エンジン

に打刻されている、下記の2つ

  • 車台番号
  • 原動機型式

から、提出した書類と自動車が同一であるかを確認されます。

(3)外廻り検査

自動車の外観(車体・灯火類など)に問題がないかの確認。

検査官の指示により、外廻り検査を行ってください。

自動車の前方

  • ヘッドライトを スモール → 全光 と順番に点灯させる
  • ハイビーム・ロービームを切り替える
  • ウインカーを左右順番に点灯させる

自動車の後方

検査官はタイヤのホイールナットをハンマーで叩き、打音を通じてナットに緩みがないか確認します。
検査官が自動車の後方へ移動しましたら、下記の5つを行ってください。

  • テールランプの点灯
  • ブレーキを踏みブレーキランプの点灯
  • ギアをリバースへ入れバックランプの点灯
  • 再度ウインカーを左右順番に点灯
  • ハザードランプを点灯

同一性の確認、外廻り検査に問題がなければ、自動車検査票に押印されます。

(4)サイドスリップ検査

前輪タイヤの横滑り量(直進安定性)の確認。

前輪タイヤの横滑り量[※1]を測定します。

検査コースのラインにタイヤを合わせ、ゆっくりと鉄板の上を走行してください。

この時、ハンドルは切らず真っ直ぐに前進してください。
鉄板の上を通過して、前方の電光表示機に「○」が表示されれば合格です。

(5)ブレーキテスター

前輪、後輪、及び駐車ブレーキの制動力の確認。

サイドスリップ検査の後、一旦停止線で止まり、前方の電光表示機に「ゆっくり前進 前輪停止線で止まる」と表示されるまで待機してください。
表示がされたらラインに合わせゆっくりと前進し、4輪をテスター(ローラー)の上に載せてください。

載せ終わりましたら、ギアはニュートラルへ入れておいてください。

エンジンは切らないでください。
4輪とも指定の位置に載るとテスターが沈み、ブレーキの検査が開始されます。

ブレーキを踏むタイミングは、前方の電光表示機に従ってください。
前後のブレーキ、及び駐車ブレーキの測定後、前方の電光表示機に「○」が表示されれば合格です。

(6)スピードメータ検査

実際の速度と、速度表示機器との誤差の確認。

続けてその場でスピードメータ検査に移行してください。
前方の電光表示機に「40キロでパッシング」と表示されたら、ゆっくりとスピードを上げていってください。この時、ハンドルは真っ直ぐしっかりと握っておいてください。
スピードメータが40キロを指したら、パッシングを行ってください。基準範囲の誤差であれば「○」が表示されます。

(7)ヘッドライトテスター

ヘッドライトの光量、光軸が、基準値内であるかの確認。

続けてその場でヘッドライト検査に移行してください。
電光表示機に指示に従い、ヘッドライトをロービームで点灯させてください。
前方の左右からヘッドライトテスターが現れ、以下の2つ

  • ヘッドライトの光量
  • 光軸

の測定を開始します。基準範囲内であれば「○」が表示されます。

(8)自動車検査票に記録

電光表示機の指示に従い自動車をテスターから出し、次の停止線まで前進してください。
停止線で自動車を停止させ降車すると、3~6までの検査結果を印字する記録器が設置さてれいます。記録器に自動車検査票を挿入し、記録を行ってください。

(9)排気ガス検査

排出ガスのCO(一酸化炭素)と、HC(炭化水素)の濃度の確認。

続いて排気ガス検査を行ってください。
記録器の横に設置されている、排出ガス検査機器から伸びているプローブを自動車の排気管(マフラーの出口)に差し込んでください。
この検査では、下記の2つ

  • 排気ガスに含まれる、CO(一酸化炭素)
  • 排気ガスに含まれる、HC(炭化水素)

の濃度を測定しています。

なお、ディーゼル車はこちらの排気ガス検査は行いません。別途、ディーゼル車専用の排気ガス検査を行いますので、検査官の指示に従ってください。
前方の電光表示機に「○」が表示されれば合格です。プローブを抜き出し、元の位置へ戻してください。

(10)自動車検査票に記録

排気ガス検査の結果を印字する記録器に自動車検査票を挿入し、記録を行ってください。
記録が終わりましたら、自動車を前進させてください。

(11)下廻り検査

車両下部の不具合(かじ取り装置・オイル漏れなど)の確認。
ディーゼル車は上記の排気ガス検査は行わず、別途ディーゼル車専用の排気ガス検査を行います。

ゆっくりラインに沿って前進させ、中央が空洞になっている検査機器の「停止位置」にタイヤの前輪を載せ、エンジンを切ってください。

この時ギアは、ニュートラル、もしくはパーキングに入れて下さい。駐車ブレーキは引かないで下さい。
検査が始まると、自動車が左右に揺れ出し、斜め前方の電光表示機に指示が表示されます。その指示に従い、ブレーキを踏んだり、サイドブレーキを引いたりといった操作を行ってください。
電光表示機に「○」が表示されましたら、エンジンを掛け自動車を前進させます。保安基準に適していない不具合等があった場合は、検査官がマイクを通じて、呼び出しがなされます。

(12)自動車検査票に記録

下廻り検査を終え自動車を前進させると、下廻り検査の結果を印字する記録器が設置さてれいます。記録器に自動車検査票を挿入し、記録を行ってください。
検査は以上で終了となります。

(13)総合判定ボックス

検査コース出口の総合判定ボックスに書類一式を提出してください。
こちらで検査の総合判定を行い、問題がなければ自動車検査票の右下「審査結果通知欄」に押印がなされます。

どこかに問題があった場合

自動車検査票に問題箇所の内容が記入されます。

問題箇所の是正を行い、再度受検を行ってください。

1回の検査申請による検査コースへの入場回数は、3回までと制限されています。


関連リンク


脚注

※1. 横滑り量

直進している間に、どれほど横にずれているかの量です。
タイヤの角度の調整を行うことで、タイヤの偏磨耗(片減り)が減り、安定して直進するようになります。予備検査場(テスター屋さん)でも調整できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です